○96年世代編 最強世代は!? Jリーグ日本人選手 各年代ベストイレブン

鈴木優磨

Jリーグも開幕して熱い戦いが繰り広げられています。
2019シーズンも大物選手が多く加入してよりレベルが高い試合が展開されることは間違いありません。

若手からベテランまで期待の選手が多く僕は楽しみで仕方ありません 😛

ここで、僕が独断と偏見で選んだ各年代ベストイレブンを紹介します。
どの世代が最強かみんなで語っていきましょ!!

ふーだい
ベストイレブンシリーズ好きなんですよ(笑)
みなさんもここはこうだろ!!とかあれば是非コメントしてください。
または、おすすめの選手がいたら教えてください。

簡単に紹介していきます。


96年代ベストイレブン

96年代ベストイレブン

 

GK

小島亨介

小島亨介

小島亨介 1997年1月30日 183㎝80㎏

左利き 大分トリニータ所属

東京オリンピック代表の正守護神候補。
東京オリンピック世代の代表の試合ではレギュラーとして出場している。

早稲田大学時代には、関東大学サッカーリーグのMVPにも輝いた。
まずは、チームで定位置を確保したい。

小島亨介についてもっと知りたい

DF

進藤亮佑

進藤亮佑

進藤亮佑 1996年6月7日 183㎝74㎏

右利き コンサドーレ札幌所属

2018シーズンは34試合の全試合に出場して大きく飛躍した1年となった。
力強さと強引な攻め上がりを得意とする。

ミシャ監督のサッカーで足下の技術も備わってくるだろう。

ふーだい
小野選手からの評価も高いです👍

上夷克典

上夷克典

上夷克典 1996年4月5日 180㎝71㎏

右利き 京都サンガF.C.所属 

大迫勇也の母校で知られている鹿児島城西高校出身で持ち前のポテンシャルで高校卒業時には
FC東京からの誘いの噂もあったが、明治大学へと進学した。

クレバーな守備が売りでJデビューもさっそく飾った。
個人的にもイチオシの選手でJ1のレベルでも十分に通用する。

小川諒也

小川諒也

小川諒也 1996年10月28日 182㎝78㎏

左利き FC東京所属

流通経済大柏高校では、冬選手権で活躍して一躍時の人なった。
近年では、チームを転々としプレーしていたが2019シーズンは、開幕からスタメンを張っている。

持ち前のキックにさらなる磨きをかけてライバル・太田を退けたい。
2019シーズン勝負の年となることは間違いない。

MF

三竿健斗

三竿健斗

三竿健斗 1996年4月16日 181㎝73㎏

右利き 鹿島アントラーズ所属

東京ヴェルディジュニアユース育ちで確実な足下の技術を兼ね備えている正統派のボランチ。
アジア王者・鹿島の絶対的な心臓として中央でバランスを取る。

怪我によりアジアカップや終盤のリーグ戦には出場できなく不甲斐ないシーズンとなった。
新たに選手会長に就任し、よりチームとしての顔となるだろう。

ふーだい
意外と181㎝もあるんだよね( ̄▽ ̄)

手塚康平

手塚康平

森島司 1996年4月6日 176㎝66㎏

左利き 柏レイソル所属

正確性のあるパスで中盤の底からゲームを作る。
また、力から強いキックも蹴ることができセットプレーでも生かしていける。

シンプル且つ状況判断の良さでチームに勢いをもたらすことができるか。

ふーだい
個人的には、和製「L・グスタボ」

相馬勇紀

相馬勇紀

相馬勇紀 1997年2月25日 165㎝66㎏

右利き 名古屋グランパス所属

2018シーズンは、強化指定選手ながらも得点とアシストとチームを救う活躍も見せた。
関東大学サッカーリーグを優勝して盤石の体制で名古屋のプロ生活をスタートさせた。

持ち前のスピードと質の高いクロスでチャンスを多く作ることが期待される。

ふーだい
東京オリンピック世代にもなるね✋

松原后

松原后

松原后 1996年8月30日 182㎝72㎏

左利き 清水エスパルス所属

気持ちの強さと圧倒的な攻撃力が魅力の選手だ。
守備に課題があるとされているが、攻撃に磨きをかけながら克服していきたい。

ポテンシャルは十分でフル代表も狙えるだけの可能性は秘めている。

ふーだい
過去にはジュビロにもルーツを持つ。


三好康児

三好康児

三好康児 1997年3月26日 167㎝64㎏

左利き 横浜F・マリノス所属

東京オリンピック代表としても期待され技能派レフティ。
近年は、川崎からのレンタルでチームを転々としているが各チームで存在感を示している。

2019シーズンは横浜F・マリノスでプレーしているがさっそくゴールを決め
ますます活躍が期待される。
負けん気の性格をいい方向に見せてほしい。

 

FW

北川航也

北川航也

北川航也 1996年7月26日 180㎝74㎏

右利き 清水エスパルス所属

清水ユース育ち生粋の点取り屋。
一瞬で相手を振り払いシンプルにシュートを決める形を持っている。

2018シーズンは自身初となる二桁得点でアジアカップ日本代表にも選出された。
本大会では思うような結果をあげれなかっただけにまた新たなスタートを切る気持ちで頑張ってほしい。

2年連続二桁得点となるか、真価の問われるシーズンとなる。

鈴木優磨

鈴木優磨

鈴木優磨 1996年4月26日 182㎝75㎏

右利き 鹿島アントラーズ所属

アジア王者のエースストライカー。
2018シーズンは、リーグ戦で11得点10アシストと攻撃の中心として君臨。

見方を使うプレーも上手くてまだまだ成長の余地はある。
まずは、怪我を治して復帰を待ちたい。

ふーだい
大迫二世となってくれ~~


ー同年代の海外日本人選手ー

DF 中山雄太 (ズヴォレ所属)

MF 井出口陽介 (グロイター・フェルト所属)

FW 奥川雅也 (ホルシュタイン・キール所属)

奥川雅也について

ふーだい
井手口まだこんな若いんだよなー(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です