Jリーグ 過小評価されている選手ベストイレブン GK/DF/MF編

坂

Jリーグもついに、2月22日にセレッソ大阪vsヴィッセルの試合で開幕します。
2019シーズンも大物選手の加入もあり、よりJリーグが盛り上がっていくのではないでしょうか。
ここで、今シーズン注目してほしい意味も込めて素晴らしい選手なのに評価低くない?
代表呼ばれてもいいのに!というような自分が選んだ選手を紹介できたらと思います。
(ちなみに、2018シーズンJ1で戦った選手の中から選出しています。)

ベストイレブン

GK

秋元陽太

秋本陽太

秋元陽太 19877月11日(31歳) 182㎝84㎏

右利き 湘南ベルマーレ所属

2018シーズンはルヴァンカップを制し、チームとしても個人としても素晴らしいシーズンとなったのではないだろうか。
リーグ戦もフル出場して湘南に欠かせない選手として確実に地位を確立した。
ビックセーブが多いイメージがあり、多くの勝ち点をチームにもたらしたのではないだろうか。

 

DF

坂圭祐

坂

坂圭祐 1995年5月7日(23歳) 174㎝72㎏ 

右利き 湘南ベルマーレ所属

順天堂大学から加入した2018シーズンはルーキーイヤーながら25試合に出場した。
174㎝と小柄ながら競り合いにも強く外国人FWにも引きを取らないものがある。

個人的には和製「マスケラーノ」と思っている。
守備能力が高く小柄を生かした身のこなしでCBながら足下の技術が高い。
ぜひ、身長の高くないDFにはプレーを見てほしい。

 

谷口彰悟

谷口彰悟

谷口彰悟 1991年7月15日(27歳) 183㎝73㎏

右利き 川崎フロンターレ所属

Jリーグ2連覇の立役者である川崎のDFリーダー。
2018シーズンはリーグ最少失点を記録し、
2連覇にも大きく貢献しているのに代表には呼ばれていないことが個人的には不思議でたまらない。

副キャプテンを務めチームの中心を担いながらも
大事な場面では打点の高いヘディングでゴールを決めるなど頼りがいのある姿を見せた。
やはり、顔がかっこよすぎる(笑)


吉田豊

吉田豊

吉田豊 1990年2月17日(29歳) 168㎝69㎏

右足 名古屋グランパス所属

フィジカルでも日本人離れの強さを持ち、対人の強さにもめっぽう強い。
鳥栖ではキャプテンを務めメンタル的にも強く、

体力面でも抜群で1試合に何十回もスプリントを繰り返すことができる。
名古屋ですぐに中心として活躍することと、そしてまたスキンヘッド姿を見たい。

MF

金子大毅

金子大毅

金子大毅 1998年8月28日(20歳) 176㎝66㎏

右利き 湘南ベルマーレ所属

個人的にイチオシの選手で自身のブログの湘南ベルマーレの注目選手でも名前をあげた期待の東京オリンピック世代。
大学を中退してまでチームに加入した。

札幌戦で「チャナティップどうするの?」と監督にタメ口を聞いたことで
話題となったがそのくらいの気持ちの強さを持ち合わせてプレーでも持ち味を十分に生かしている。
東京オリンピックでメンバーに入ることを期待している。

金子を紹介した自身のブログ

小泉慶

小泉慶

小泉慶 1995年4月19日(23歳) 173㎝70㎏

右利き 柏レイソル所属

新潟時代から注目していた若きクラッシャー。
豊富な運動量とボール奪取力に長けていながら、タイミング良い飛び出しも見られる。

鹿児島キャンプでは、やや前目でのプレーで攻守両面でいい働きをしていたイメージがある。
2019シーズンはJ2での戦いになるが、チームのレギュラー争いも激しくまずはポジションを確立することが最優先だ。

ふーだい
この他にもおすすめの選手いるよー!!とかあれば是非教えて頂けると嬉しいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です