○バルセロナの最重要人物「ブスケッツ」2世は誰が適任なのか!?

ブスケッツ

ブスケッツという男は何者。。。

ブスケッツ

セルジオ・ブスケッツ 1988年7月16日 189㎝79㎏ (スペイン)

戦術眼に優れ、中盤の底でパスを的確に散らして数的優位をつくり、DFラインにはいってそこからビルドアップをサポートする攻守の要。
細見ながら球際に強く、鋭い読みでボールを奪うこともできる。
派手さはないがバルセロナにおいて必要不可欠な選手だ。
怪我も少なくフルで活動しているだけに、この男がピッチ上からいなくなる時はバルセロナの最大の危機となるだろう。
シャビ、イニエスタが退団して一時代が終わりをつげ新時代に入ろうとしている中でブスケッツも今年で31歳となる。
ブスケッツ2世というワードはよく耳にするが、ここで後釜として期待される5人の選手を挙げてみたいとおもう。

ピボーテ:ピボーテとは、スペイン語で「軸」の意味。スペインのサッカー用語で、中盤の底でパスを捌いて攻守の軸となる選手。

後釜として期待される若手の選手たちは…..

エントリー

フレンキー・デヨング 1997年5月12日 180㎝ (オランダ)

デヨンぐ

アヤックスから5年契約の8600万ユーロ(約107億円)オランダ人選手の歴代最高額を更新した。
マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンとの競合を制しバルセロナが獲得し、加入は2018シーズ終了後となるようだ。
アヤックスでは、アンカーやボランチの一角としてプレーすることも多かったがセンターバックを務めることもできユーティリティープレイヤーだ。
正確なパスでゲームを落ち着かせることもでき鋭いパスで相手の意表を突くパスも供給できる。
また、後方からのドリブルで相手をはがし数的優位な状況にするプレーも売り。

期待度
80%
 

エントリー

オリオル・ブスケツ 1999年1月20日 185㎝ (スペイン)

オリオル・ブスケッツ

現在20歳のブスケツは名前の通りトップチームのセルヒオ・ブスケツと同じ同姓である。
中盤でチームを支えるプレーが得意でカンテラ育ちということもありバルセロニスタからは大きな期待を寄せられている。
トップチームデビューも飾りこれからの成長を見守っていきたい。

期待度
60%

エントリー

セルジ・ロベルト 1992年2月7日 178㎝ (スペイン)

セルジ ロベルト

今のバルセロナに欠かせない右サイドバックとしてD・アウベスの退団後レギュラーとしてポジションを確立している。
もともとはセンターハーフとして将来を嘱望されていた。
チーム状況でサイドバックへコンバートされたが高いポテンシャルでなんなく高度なプレーを披露している。
個人的にはブスケッツの後釜として一番適任だと思うがチームの事情もあるので今後のバルセロナの策力を見ていきたい。

期待度
70%

エントリー

セルジ・サンペール 1995年1月20日 181㎝ (スペイン)

セルジ・サンペール

かつてはブスケッツの後継者として2016シーズンにトップチームに昇格して背番号は16番を託された。
カンテラ出身で各年代でキャプテンを務めた。
しかし、トップチーム昇格後は厚い選手層と度々重なる怪我で出場機会を確保できずレンタル移籍を繰り返している。
ここから序列を逆転して這い上がることができるか。

期待度
40%

エントリー

ロドリ 1996年6月22日 190㎝ (スペイン)

ロドリ

現在は、アトレティコでプレーする若きアンカー。
背丈、プレーを見ると一番ブスケッツに似ているプレイヤーだと思うが同じリーガのライバルに在籍していることからまずはバルセロナに移籍してくるかが問題ということから50%とした。
スペイン代表デビューもしてより一層レベルアップしていくことを期待している。

期待度
50%

・必ずいつかは選手には引退というひとつのゴールがあり、ブスケッツもいつかはチームを去ることとなる。
後継者問題はこれからもいろんな所で話されることとなるが誰がその座に就くか楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です